2020年に買ってよかったものベスト10

2020年12月に引っ越しをし、そのタイミングで買ったものが多かった。そのため2020年に買ったものを評価するのに2021年に入ってから少し経過する必要があった。

もう2021年2月の半分にも差し掛かったので、そろそろ良いだろうと思い、書いていきたい。引っ越しをしたので1年で使った金額としては歴代でダントツに最高になる。

早速ランキング

では早速ランキング。数字は順位であり、もったいぶっても意味がないので上から紹介していく。

  1. SHARPの「ヘルシオ ホットクック KN-HW24C」
  2. 東芝レグザ「65インチ有機ELテレビ 65X930」
  3. RAVPowerの「モバイルバッテリー 20000Ah PD対応」
  4. SHARPの「ヘルシオ ウォーターオーブン AX-XA10」
  5. AQUAの「355リットル冷蔵庫 AQR-36J」
  6. ニトリの「マットレス NスリープハードH1-02CR VH」
  7. iPad Pro 12.9インチ 2020年モデル
  8. Nintendo Switch
  9. IKEAの「読書ランプ アーロード」
  10. Adidasの「ヨガマット」

①SHARPの「ヘルシオ ホットクック KN-HW24C」

Amazonのブラックフライデーで33800円で購入した。時短界のキング・オブ・キングであり、私の生活を最も大きく変えている。

カレーやシチュー、お味噌汁などが「食材を切って入れてボタンひとつ」なのが楽すぎる。
私はその間仕事やランニング、入浴や他の家事をこなすことができる。

そして美味しい。焦がすこともなく、自分で作るよりも遥かに打率高く美味しいものが作れると認識している。
これを買ってから野菜の摂取量が増えた。特に味噌汁はテキトーに野菜突っ込んで味噌入れてスイッチ入れておけばよいので、楽に多量の野菜を摂取することができる。

まだまだ料理のレパートリーに乏しい人間なのでフル活用できていない自覚があるので、もっと活用できるように自身でも勉強していきたいと思う。

ちなみに、新しいモデルの方が良いかは分からないが、最新式の内鍋はこびりつかないのでめちゃめちゃ良い。私は内鍋自体2つ欲しかったので「安い旧モデル+新モデル内鍋」の組み合わせで十分だと思っている。

②東芝レグザ「65インチ有機ELテレビ 65X930」

2番目にはテレビだ。引っ越しの際に購入したもので65インチの有機ELテレビというのは最高級にカテゴライズされるだろう。これも買ってよかった。

ヤマダ電機のアウトレットで21万円ほどで買ったが、テレビ台が設置も入れて3万円以上した。

正直普通のテレビ(地デジ)は液晶と大した差がないどころか、65インチよりも55インチの方が綺麗に感じる。
圧倒的に差を感じるのはNetflixやYouTubeなどの4K映像。時折綺麗な映像を探して見入ってしまうほどだ。

また、最近のテレビはアプリが標準装備なのも素晴らしい。Amazon FireStickTV 4Kも買ってはいるがそこまで使ってはない。テレビのアプリだけで事足りることが多い。

Switchもこれでやると楽しい。迫力が全然違う。

スポーツもドラマもアニメもこれ1台で。コンテンツを愛する者にはこれほどない贅沢だと思う。

③RAVPowerの「モバイルバッテリー 20000Ah PD対応」

3つ目はRAVPowerのモバイルバッテリー。Amazonのセールで5999円とかで買った。セールでこの値段。モバイルバッテリーとしては最高級品だと思う。

20000Ahの大容量で、60WのPDに対応しているので高速に充電することができる。
12.9インチiPad Proも問題なく充電できるほどのパワフルさで日ごろの外出のみならず旅行・出張にも大活躍している。スマホもすぐに充電が終わるのはとても良い。

④SHARPの「ヘルシオ ウォーターオーブン AX-XA10」

5つ目はオーブンレンジ。これも引っ越しの際に単機能電子レンジから買い替えた。
ノジマの店員が安くしてくれたので2万円引きの12万円で買ったが、最高級品であることには変わりない。

これは私がオーブンレンジを買ったことがないので比較が難しいのだが、とても使い勝手が良いというのは間違いない。

特に肉や魚、焼きそば等を自動調理してくれる機能で、ホットクックと同様にほったらかし調理ができる。

とりあえず焼き豚はすごい。おそらく熱と水分の調節が上手なのだと思う。自分がガスコンロでは絶対作れないようなクオリティのものが出てくる。

あとは蒸し料理ができるのもヘルシオの良さだと思う。こういうダイエッターに好まれそうなメニューもすぐ作ることができる。

素晴らしいものだという確信は持てるものの、私がヘルシオのポテンシャルを引き出せていない気がしており、値段の高さもありこの評価にとどまってしまうという印象だ。
(それでも4位なのは十分に高いんだけど)

1年後、2年後にはダントツで1位の評価になっている気がするし、それくらい使いこなせるようになりたい。

⑤AQUAの「355リットル冷蔵庫 AQR-36J」

4つ目はAQUAの冷蔵庫。これも引っ越しの際に買い替えたものだ。

量販店のセールで購入したので58000円ほど(ポイント別)で購入したと思う。このサイズの冷蔵庫にしてはダントツで安いと思う。同じくらいのサイズのSHARPなどと比べても2,3万円以上差がある。

今までは1人暮らし用の冷蔵庫だった。この冷蔵庫が良いというよりは、「大きい冷蔵庫が良い」ということを言いたい。

買いだめも作り置きも楽にすることができるようになった。ふるさと納税等で食材を大量購入することにも躊躇いがなくなった。
あとは冷凍庫も引き出しなのが凄くよい。入れすぎたときに開けたら落ちる、ということもないので。

これもホットクックと同様で、値段の割にライフスタイルを大きく変えていると思う。

⑥ニトリの「マットレス NスリープハードH1-02CR VH」

引っ越しを機にマットレスというものを買った。今までは折り畳みベッドに敷布団を敷いて寝ていた。

ニトリで実物を選んだ。
固めが好みだったので、この4万円のマットレス以上のものしか選択肢がなかったのだが、5年は使うだろうと考えて購入に至った。


全然違う。

以前がそんなに良くない環境で寝ていたということもあるけど、こんなにも寝心地が違うものかと驚いている。

背中が痛いとか痛くない以前に、眠りに入るまでのスピードが段違いに早くなったと感じている。
これだけ変わるならもっと早く買えばよかったなと思っている。これを機に寝具に興味を持って、他のものも買ってみようかなと思う。

⑦iPad Pro 12.9インチ 2020年モデル

シンプルにiPad Pro。12.9インチで、モバイル通信が使えるセルラーモデルを買った。
併せてマジックキーボードも買ったけど、キーボードが高えよ。

楽天モバイルが1年間無料なのでそのSIMをぶっ挿して使っている。
カフェとかで開いてすぐにネットが使えるというのはとても便利。逆に言えば、いちいちモバイルルーターをつないだりテザリングをしたりする手間というのは鬱陶しかったのだ。

私の場合はPCとタブレットの両方を良いとこ取りしたような使い方をしている。
電車で動画を観たり、カフェで仕事したり、打ち合わせもこれ1つで臨んでいる。コネクタさえあれば、プレゼンもこれでこなすことができる。

キーボードの使い心地も良い。ただ、ステイホームで活躍の場が減っていることは事実なので、これ以上評価が上がることも当面はないと思う。

余談だが11インチのiPad Proも2020年内に買っている。頭おかしい。

⑧Nintendo Switch

言わずもがな。ステイホーム中はどうぶつの森とリングフィット。今は桃鉄とパワプロをやっている。

今後はスプラトゥーンとかゼルダの伝説とかやりたいなぁと思う。風のタクトをとカービィのエアライドをSwitch向けに作り直してほしい。

⑨IKEAの「読書ランプ アーロード」

ここまでのものとは少し毛色が違うと思うが、IKEAの読書ランプも買ってよかった。
これはフロアランプのように床に置くので机のスペースを取らないのだ。

ステイホーム期間に家の照明が合わなくて購入した。読書や勉強時など、手元が明るくあってほしいところで大活躍している。

⑩Adidasの「ヨガマット」

最後はヨガマット。これはリングフィットアドベンチャーをやるときに足元が滑らないように購入した。

引っ越してからは家が広くなったのもあり、よくストレッチしている。このマットは厚さがあるので、床の固さ・冷たさを感じずにストレッチすることができるのでとても良い。

アディダスなのもカッコよくて良いのだ。