Naipo「マッサージ枕」3年間使用レビュー

3年前にNaipo「マッサージ枕」を購入

3年前というと、私が社会人になって1年経つ手前。それくらいに「ちょっと肩がいかんな」と思って購入した。

Naipoのマッサージ枕にした理由は、

  • 必要な機能が揃っていること
  • Amazonでの評価が高かったこと
  • 価格が高くないこと(購入時4980円)

が挙げられる。

欲しかった機能

温かくなること

購入時は寒い季節だった。また、それ以外においてもマッサージの「もみ玉」が温かくなる方がよいかなと考えていた。

今回の商品も、35度~40度に熱するヒーターがついており、温かい。

【赤外温熱】
もみ玉にヒーターが内蔵されて赤外温熱療法に従って点灯時は人肌程度に温まるので、まるで人の手のようなもみ心地を実現しました。
温熱とマッサージでコリを心地よくほぐして血行改善、筋肉のストレス、肩凝りなどの問題が改善して、ストレス解消。

ゴムバンドがついており、椅子に巻きつけられること

ゴムバンドが付いており、椅子の枕に当たる部分につけたいと思っていた。それこそ、このブログを書いているときにもマッサージを受けていたら最高だなと。

今回購入したものもちゃんとゴムバンドがついており、椅子の枕の部分につけることができると思った。

f:id:abmngkr:20180117222233p:plain

【ゴムバンド付き】
本体の裏にゴムバンドが付いていますので、自宅の椅子はもちろん、オフィスのデスクチェアで肩や背中をマッサージ、車の座席に設置してドライブの休憩中にマッサージできます。

実際に期待通りの働き!

Amazonで購入し、翌日に到着。
箱のデザインが可愛く、取っ手もついているのでプレゼントや景品としても映えそう。ここにはこだわりを感じた。その辺の商品とは違うぞと。

中には「もみ玉」が4つあります。

コンパクトかつ軽い。その中に「もみ玉」が4つ入っている。

裏にはゴムバンドがついている。ゴムバンドの強度は思ったより強くて頼りになりそう。

使用時にはこちらのACアダプタを使う。
ケーブルが長いので不便はないが、充電式だったらもっと使いやすかったと思う。まあ、価格を考えたら文句は言えないだろう。

ちなみに我が家の椅子のヘッドレストにピッタリハマった。ここに置いておくと首がバッチリハマるので、首のマッサージに大活躍している。

3年使った感想

3年間、結構頻度高く、ハードに使ったと思う。それでも壊れておらず、今でも現役バリバリに使えているタフさを評価したい。5000円のマッサージ機でここまで使えるとは思っていなかったし、使うとも思っていなかった。

費用対効果は、めちゃくちゃ高いと思う。5000円の使い道としてかなりレベル高い。

そのうえで、まずマッサージの強さだが、これはしっかりしている。もみ玉のボールは大きく硬さもあるので、体重をかければ強いマッサージになるし、体重をかけても大丈夫なくらいのタフネスがある。

マッサージはもみ玉が回るだけである。回る方向に左右違いはあるが、それ以上のパターンはなく、単一の動きでほぐす、といった具合だ。

まあ値段を考えれば十分すぎるんじゃないかな。後悔は1ミリもしていなくて、本当に良い買い物になった。
私は割安だと思えるし、母の日か父の日で上位モデルにあたる首マッサージャーを買おうかなと思っている。