今後のスマホ通信どうするか問題(楽天モバイル・povo)

時代が変わった

昨日こんな記事を書いた。

ポケットWifiを解約したのだが、その理由のひとつはスマホに低価格・大容量プランが続々登場していることだった。

新規参入する楽天モバイルはもちろんだが、ドコモの「ahamo」やauの「povo」も大変魅力的。
就職を機に3大キャリアを卒業しMVNOを使っていた私も、これを機に戻ろうと思っている。

まさかここまで短いスパンで通信が大きく変わると思っていなかった。時代が変わったと言っても過言ではない。

今まで何を使っていたか

今まではスマホにはNiftyの「Nifmo」を使っていた。7GBのプランに契約しており、料金は税抜で2300円。そこに通話料金が乗っかる感じだ。

https://nifmo.nifty.com/sim/card_voice.htm

料金は安くもなく高くもなくといったところか。サービスも可も不可もない。
ちなみに家のインターネット回線も@nifty光を使っているが、これも次の契約更新月が来たら楽天ひかりに乗り換える予定である。

あとはiPad Proのセルラーモデルを使っており、それには楽天モバイルのSIMを挿している。
1年間利用無料で、これがあれば電車でもカフェでもどこでもiPadでインターネットを使うことができるのでビジネスにもプライベートにもたいへん重宝している。

有無を言わさず楽天モバイルは契約続行

リモートワークの導入によりあまりにも家を出なくなったので楽天モバイルも解約しようかな~なんて思ってたら、まさかの「使わなければタダ」という新プランが出てしまった。

使わなければタダなので解約する理由がない。なので引き続き契約することとした。

メインはauのpovoにする予定(仮)

メインのスマホはNifmoからauのpovoに替えようと考えている。データ通信で20GBに5分以内の通話かけ放題がついて2980円というのは非常に魅力的だ。プライベートにも仕事にもガッツリ使うことができる。

ここまでは三大キャリア横並びなのだが、povoはそこに「データ使い放題24時間200円」というオプションがあるのが素晴らしい。

https://povo.au.com/

200円は格安だと思う。
auのエリアで、しかも4G・のちに5Gで繋がるということであれば広さも速さも文句がない。しかもテザリングは無料なのだ。

なので先述の楽天モバイルを搭載しているiPadもpovoの通信をテザリングして使う…という選択肢も取ることができる。ノートPCも同様に利用することができるのだ。

今のNifmoが2300円で通話代が毎月200円~1000円くらいかかっていると思うと、povoにしてもそこまで料金が上がらない。かつ、WimaxなどのポケットWifiを契約する必要もないのでとても使い勝手が良いと思う。

というわけで今後のモバイル通信は

  • スマホ:auのpovo
  • iPad:楽天モバイルUNLIMIT

の2枚持ちで行こうと思う。旅行時などでテザリングを利用する際はスマホのバッテリー勝負になりそうだが、私はRAVPowerのごっついモバイルバッテリーを持っているので心配はない。