WiMAX(GMOとくとくBB)を解約した

そもそもなんで契約したか

契約したのは1年前に当たる2019年の12月。当時は青春18きっぷを持って熱海や伊豆をはじめ関東近郊に旅行したり、バスケを見に大阪や宇都宮、豊橋など、色々なところに旅行に行っていた。

当時から「Sports Tripper」というブログを開設しており、旅行はいちばんの趣味と言ってよいくらいだった。
そして旅行する際にスマホの通信容量が一瞬で圧迫されるので、ポケットWifiを持ち歩くことで旅先でも困らないようにしようと考えた。

契約した初期はその目標は果たされ、ポケットWifiは旅の必携品となった。

なんで解約するか

理由は2つある。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大による移動機会の圧倒的減少
  • 楽天モバイルに加え、ahamoやpovoの登場

まずはコロナ。旅行に行くためのWiMAXだったが、そもそも外出する機会すらなくなってしまった。
これは本当にタイミングが悪く、12月から使い始めて3月にコロナ、それ以降は低空飛行だったので全然使わなかったと言っても過言ではない。

それでもクライマックス・シリーズを見に福岡に行ったときや、引っ越しのタイミングで片方の家にしかインターネットがない場合において活躍したと思うので、今まで契約し続けて良かったなとは思う。

2つ目はスマホ業界の変化。

楽天モバイルをはじめ、ドコモが出すahamoやauのpovoなどが登場したことで大容量の通信に安くアクセスできるようになってしまった。

これはpovo

特に楽天モバイルは1年間無料で、無制限に利用できるので電車でiPadを快適に使うことができる。
特にSIMカードを挿せるモデルを使っているので、Wifiよりもスムーズにインターネットを使うことができる。

無料期間終了後も楽天モバイルを利用し続けるため、正直WiMAXはお役御免感がある。今後は5Gも導入されるので、もはやモバイル通信の方が通信速度も速くなる可能性がある。この市場自体死ぬんじゃないかと思うほど、最近の通信業界の変化はすさまじい。

解約金がかかった

WiMAXの契約は毎月の料金が少し割引になる代わりに、3年契約で、私が解約したタイミング(13~36か月目)は14000円(税抜)の解約金がかかった。

正直、このような時代になるとは思わなかったし、3ヶ月分の料金だと思えば、まあとっとと解約した方が良いかなと思い、特に何も考えなかった。

教訓としては、1年もあれば時代は大きく変わる可能性があるので、解約などフットワークが軽いサービスを利用する方が良さそうだよね。

ちなみに楽天モバイルもahamoもpovoも解約しやすいらしく、これも既存の通信業界に与える影響は甚大だろうね。